Macklemore ”Glorious” 和訳

[Verse 1: Macklemore]
You know I'm back like I never left
いつ戻ってきてもあの時のまま


Gemini

”This Unruly Mess I’ve Made”を16年にリリース。
そこから二曲しかリリースしていなく、その次にリリースしたのがこの曲。
静かだったのだ。
だがシーンから離れたとは言っても、ツアーやフェスティバルに忙しかったのは事実である。
そして常に音楽は作っている。

Another sprint, another step
前に進む、なんでも試す
Another day, another breath
いつの日も、成功を目指し

偉大な曲を作るために日々進歩していく姿勢。

Been chasing dreams, but I never slept
夢を追う、だけど眠れない

夢は寝ているときしか見れないと言う矛盾。
ただこれは比喩にしか過ぎないのである。
寝る間も惜しみ成功を夢を追い求める姿勢である。

I got a new attitude and a lease on life
人生で新しい態度を借りてきた
And some peace of mind
それが心の平穏
Seek and I find I can sleep when I die
死ぬように眠る方法を追い求め
Wanna piece of the pie, grab the keys to the ride
利益を求め、成功のキーを掴み取る
And shit I'm straight
そして俺はまっすぐな男
I'm on my wave, I'm on my wave
波に、波に乗って
Get out my wake, I'm running late, what can I say?
目覚めた、遅くたって走り続ける、意味がわかるか?

WaveはVibeに似た意味を表す。がここでは普通のWaveの意になる。
どんな波にでも遅くても乗り越えると言う主張である。

I heard you die twice, once when they bury you in the grave
もう2回死んだらしいな、もう亡骸は墓の中
And the second time is the last time that somebody mentions your name
そしてもう誰にも名前を言われない

人は三回死ぬ。
1つは体が動かなくなった時、2つは墓に埋葬された時。
3つは誰の記憶からもなくなったときである。

So when I leave here on this earth, did I take more than I gave?
俺はこの地球にいた、その記憶を残したい
Did I look out for the people or did I do it all for fame?
人々に残る名声をって

直前のラインのように誰の記憶からもなくなった状態を避けたいマックルモア。
だがマックルモアは名声を追い求めるようなタイプではないのだ。
その矛盾を抱えながらシーンを走り続けるのだ。

Legend it's exodus searching for euphoria
レジェンド、人々が追い求める幸福
Trudging through the mud to find the present, no ignoring us
それのために泥をも突き抜ける、無視しない

泥は苦労を表す。
その泥がいつか実を結ぶのだ。

Got 20,000 deep off in the street like we some warriors
倒れてった戦士と同じさ
My mama told me never bow your head, woo!
俺のママは俺が頑固だって認めてる

[Chorus: Skylar Grey]
I feel glorious, glorious
栄光を、栄光を感じる
Got a chance to start again
もう一度スタートを切れるチャンス
I was born for this, born for this
生まれ変わったことを示すの
It's who I am, how could I forget?
私は誰って?って思われない方法
I made it through the darkest part of the night
それを暗い中から探し出した
And now I see the sunrise
今は日が昇った
Now I feel glorious, glorious
だから栄光を掴む
I feel glorious, glorious
そんな気分なの

曲作りに対する情熱、それが彼を安心させる。
曲作りはシーンに追いつくわけでもなく、圧力からでもない。
創造のために作り上げるのである。
ここ最近の不調から情熱を見失ったかもしれないが、再び見つけることが出来たのだ。
さて暗い中とは?
彼は薬物乱用に陥っていたときもあったという。
それを克服し何者に求められないという自信を得たのである。
そういう所にチャンスは転がっている。

[Verse 2: Macklemore]
I'm feeling glorious
輝かしいよ
The crib looking Victorian (oh yes it is)
まるでヴィクトリア朝の家

ドールハウスのような家はヴィクトリア朝の頃に開発された。
洗礼された建築を賞賛している。

You know that we been going in
俺について知ってること
Since we hopped out that Delorean (Delorean, yeah we win)
デロリアンで振り返る

デロリアンはバック・トゥ・ザ・フューチャーで出てきたタイムマシン。
それでマックルモアの栄光を振り返る。

En garde, things are just things
アンガルド、物は物
They don't make you who you are
人は人
Can't pack up a U-Haul and take it with you when you're gone
U-Haulにだって運ばれない

人のソウルはお金やものによって評価されるものではないというのがマックルモアの考え。
U-Haulは設備レンタル会社。

We posted on the porch, my family's glasses to the stars
家族で祝福をあげよう
My grandma smiling down on me like woo, that boy got bars
グランマは成功に笑ってくれるんだ
Okay, okay, yes I do
オーケーオーケー

glasses to the starsで祝福を上げるという意。
直前のラインに関連するがU-Haulのスローガンは “Moving Families to Better Lives Since 1945”なのだ。
今よりもこれからの人生を良くしていくことをモットーにしている。
さてマックルモアのグランマの一人はHelen Schottである。100歳。
そんなグランマはマックルモアの成功を非常に誇らしく思っている。

I said amen and hallelujah, let me testify too
俺はアーメンもハレルヤも言った
Another morning, a morning, don't let self get in my way
新しい朝、自分中心になるのはダメ
I got my breath, I got my faith and I remember why I came
俺がなんのためにやって来たかを忘れるな

最初のラインに関連するライン。
永続することが成功への道。
と考えているので、それを頭で理解する。
そして成功を確信しているのだ。
それが永続性の秘訣である。



[Chorus: Skylar Grey]
I feel glorious, glorious
栄光を、栄光を感じる
Got a chance to start again
もう一度スタートを切れるチャンス
I was born for this, born for this
生まれ変わったことを示すの
It's who I am, how could I forget?
私は誰って?って思われない方法
I made it through the darkest part of the night
それを暗い中から探し出した
And now I see the sunrise
今は日が昇った
Now I feel glorious, glorious
だから栄光を掴む
I feel glorious, glorious
そんな気分なの

[Bridge: Skylar Grey]
We gon' be alright, put that on my life
私たちは大丈夫、それが信条
When I open my eyes, hope I see you shine
目を閉じないで、輝くのを見てほしいから
We're planting a flag they don't understand
私達の旗を掲げるから
The world is up for grabs
世界を掴んでやるの
We gon' be alright, put that on my life
私たちは大丈夫、それが信条
When I open my eyes, hope I see you shine
目を閉じないで、輝くのを見てほしいから
We're planting a flag they don't understand
私達の旗を掲げるから
The world is up for grabs
世界を掴んでやるの

音楽のシーンにマックルモアの領域を作ると宣言し、今回も新しい音楽で作ってきた。
そして世界を掴む、何かを達成するのだ。

[Chorus: Skylar Grey]
I feel glorious, glorious
栄光を、栄光を感じる
Got a chance to start again
もう一度スタートを切れるチャンス
I was born for this, born for this
生まれ変わったことを示すの
It's who I am, how could I forget?
私は誰って?って思われない方法
I made it through the darkest part of the night
それを暗い中から探し出した
And now I see the sunrise
今は日が昇った
Now I feel glorious, glorious
だから栄光を掴む
I feel glorious, glorious
そんな気分なの

Gemini