Jay Z “Izzo (H.O.V.A.)” 和訳

[Produced by Kanye West]
[Intro]
Ladies and gentlemen
紳士淑女の皆様
Let's put our hands together for this dynasty!
このダイナスティに手を上げて
Welcome ladies and gentlemen
ようこそ皆様
To the eighth wonder of the world!
これが世界七不思議の8つ目だ

世界七不思議とはギザのピラミッドやロドス島の巨像などの建造物に向けられた言葉である。
その8つ目は自分たちだと言ってのけた豪華絢爛な最初のライン。

The flow of the century, always timeless: HOV!
時代を超えた、駆け巡るフロー

フローは時間ではなく人生なのだ。ハートビートや呼吸と一緒のたぐいのものである。
そんなHov様は世界で1番のフローを持っていると自負しており、なおかつそれを主張する。

Thanks for coming out tonight
今夜は来てくれて感謝しているぜ
You could've been anywhere in the world
どこに住んでようと
But you're here with me, I appreciate that
今はここに一緒に居るんだ、感謝だ

これが今後のライブの一般的なオープニングトラックになったのは言うまでもなく、彼のメジャーなセリフとなった。

[Verse 1]
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
ちょっとした感覚で自らのニックネームを歌い上げる。
もちろんHOVAのこと。
For shizzle, my nizzle, used to dribble down in VA
もちろん仲間とバスケしてたよ

最初の半分から。
このShizzleにNizzleはスヌープが普及させたスラングで”For Sure”と”My N****”になっている。
そして後半半分。
Hovaの解釈の1つから。 VA(バージニア)でクラックを売りさばいたと言っているHov様。
ハスラーオブバージニア“Hustler of Virginia”の略でも有るのだ。
”Dribble”は”Moving Rock” この”Rock#は言うまでもないがクラックの隠語となっている。
そんなHov様はバージニアでバスケを嗜んでいたのである。

Was herbing 'em in the home of the Terrapins
テラピンズのお膝元で売りさばく
Got it dirt cheap for them
チープなモノでも売れたのさ

メリーランドテラピンズ、メリーランド大学のチーム。
そんなメリーランドにも売りさばく、自分の領域を増やしていった事を主張する。

Plus if they was short with cheese I would work with them
それにチーズが無くたって働かせるよ

チーズは現金のこと。
Hovと提携しているディーラーが不足していたって売上で払って貰えればいいというのだ。

Brought in weed, got rid of that dirt for them
クサを売りさばき、汚れを取っていく

まるで根付いたマフィアのように客の悩みを解消する。
もちろんカネのために。

Wasn't-born-hustlers, I was birthing 'em
生まれつきハスラーなんて居ないよ、だから俺が産むんだ

供給元のHov。よくラッパーが言う生まれつきハスラーなんて居ないという。
なので自分で育てて行くのである。
本や学校ではなく、ゲットーの経験で。

H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
For sheezy, my neezy, keep my arms so breezy
腕はまだまだ敏感さ

売るのに忙しいHov。自分で使う暇など無い。

Can't leave rap alone, the game needs me
ラップを置いていけない、周りが必要にするから
Haters want me clapped in chrome, it ain't easy
ヘイターはクロームとヤッて逝っていく、簡単じゃないけどな

クロームにクラップ。最後のイージー。
まるでギャングスタラップのゴッドファーザーみたいだ。
クロームホイールを履いたローライダー。
クラップはSTD(性病)のこと。

Cops want to knock me, D.A. wants to box me in
警察はムショに入れたがる
But somehow I beat them charges like Rocky
俺はロッキーのように立ち向かう

ロッキーは自らの力で。
Hovは法律を盾にして。
そんなHovはボクシングが大好き。

H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
Not guilty, he who does not feel me
無罪だぜ、何も無い
Is not real to me, therefore he doesn't exist
俺に認識されてないやつは存在しない
So poof! —Vamoose, son of a bitch!
さあ行こう

[Hook]
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
For shizzle, my nizzle, used to dribble down in VA
もちろん仲間とバスケしてたよ
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
That's the anthem, get'cha damn hands up!
これがアンセム、手を上げろ!
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
Not guilty, y'all got to feel me
何も出てこない、無罪だぜ
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
That's the anthem, get'cha damn hands up!
これがアンセム手を上げろ!

[Verse 2]
I do this for my culture, to let them know
俺が文化を生み出し、見せつける
What a nigga look like when a nigga in a roaster
誰もが俺になりたがる

誰もが金持ちのHovになりたがる時代。

Show them how to move in a room full of vultures
ここはハゲワシで溢れてる
Industry is shady, it needs to be taken over
シェイディな業界、これを乗り越えないと

決してエミネムへのビーフではない。
この音楽業界は搾取され搾取する業界になっている。
なのでそれを根本的な解決として色々な働きをする。
Tidalもそうなのだ。困っているアーティストのために。

Label owners hate me, I'm raising the status quo up
レーベルオーナーは俺が嫌いなはずさ、現状を引き上げているから
I'm overcharging niggas for what they did to the Cold Crush
コールドクラッシュに知ったことを俺達は忘れないんだぜ

業界の影響力をも持つようになったHov。
コールドクラッシュのグランドマスターカズの名曲に対するカネ払いに向けて歌う。
ただこの一曲だけではなく他にも不公平なアーティストはいっぱい居た。

Pay us like you owe us for all the years that you hoed us
俺らを奴隷のように扱うのはもう終わり
We can talk, but money talks, so talk mo' bucks
カネの話なら受け付ける

[Hook]
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
For shizzle, my nizzle, used to dribble down in VA
もちろん仲間とバスケしてたよ
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
That's the anthem, get'cha damn hands up!
これがアンセム、手を上げろ!
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
Not guilty, y'all got to feel me
何も出てこない、無罪だぜ
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
That's the anthem, get'cha damn hands up!
これがアンセム手を上げろ!

[Verse 3]
Hov is back, life stories told through rap
俺が戻ってきた、ラップに散りばめられた人生
Niggas acting like I sold you crack
まるでクラック売りのよう
Like I told you sell drugs; no, Hov did that
俺はそれを成し遂げてきた
So hopefully you won't have to go through that
1番はこんな道を進まないことだけどな

売人になれとは言っていない、ただそれしかできなかっただけなのだ。
その経験をラップしているだけである。

I was raised in the projects, roaches and rats
住んでたところはゴキブリにドブネズミ
Smokers out back sellin' their mama's sofa
クスリの為にママのソファを売り払う

プロジェクトとは団地みたいなもの。
ローチはゴキブリとブラントを指し、ラットはドブネズミと付きまとってくる人物を指す。
ママのソファを売るのが非現実的?
プロジェクトではこれが現実なのだとか。

Lookouts on the corner focused on the ave
通りを見張る子どもたち
Ladies in the window, focused on the kinfolk
オンナはそれを窓から覗いて祈るだけ

80年代から家族の男総動員で売るようになっていった。
そんな子どもたちや夫を見張るキンフォーク(家族)たちを見るだけや捕まらないことを祈ることしか出来ないのだ。

Me under a lamppost, why I got my hand closed?
街灯の下、手を閉じた
Crack's in my palm, watching the long arm of the law
俺の手はクラックで溢れてる、法律の長い手から逃げないと

乾燥した割れた手、そんな手になっているHov。
ただそれだけじゃない、文字通りクラックを持っている意味にもなる。

So you know I seen it all before
過去を振り返る
I've seen Hoop Dreams deflate like a true fiend's weight
夢が萎んでいったのさ

A true fiendでポン中の意味を成す、ポン中は大概体重が減っていきガリガリになる。
そんな姿はバスケットボールの空気が抜けていくような姿。
weightにはカネの意味も含まれている、ポン中ははカネをクスリにつぎ込むのでweightが減っていく。
またHoop Dreamsは1994年のバスケットボールのドキュメンタリーである。

To try and to fail: the two things I hate
嫌いな2つのことにならないために試行錯誤
Succeed and this rap game: the two things that's great
嬉しいことはこの2つ、成功してラップすることさ

このアルバムより彼の人生が変わっていくことは間違いなかったのである。

H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
What else can I say about dude? I gets bu-sy
まあ色々考えるよな?でも俺は忙しい

ちょっとしたNasに向けたトラップ。

[Hook]
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
For shizzle, my nizzle, used to dribble down in VA
もちろん仲間とバスケしてたよ
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
That's the anthem, get'cha damn hands up!
これがアンセム、手を上げろ!
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
Not guilty, y'all got to feel me
何も出てこない、無罪だぜ
H to the izz-O, V to the izz-A
HにO、それにVにA
That's the anthem, get'cha damn hands up!
これがアンセム手を上げろ!

[Outro]
H to the Izz-o, V to the Izz-A
HにO、それにVにA
H to the Izz-o, V to the Izz-A
HにO、それにVにA
H to the Izz-o, V to the Izz-A
HにO、それにVに
H to the Izz-o, V to the Izz-A
HにO、それにVにA